爪の縦線を改善するケア方法とは?原因や予防法も解説

「いつの間にか爪にラインがある…」「縦線があると指が老けて見えるからなんとかしたい」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。縦線は加齢のほかにも、さまざまな要因で引き起こされます。しかし、適切なケアを施すことで、防ぐことは可能です。

 

そこで今回は、縦線が出る要因や改善方法、防止法について解説します。縦線のない健やかな爪を目指したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

爪の縦線ができる原因とは

爪が傷んだときの症状のひとつとして、縦に線が出ることがあります。ここからは、その要因について解説していきます。

 

老化

大きな要因のひとつとして、老化が挙げられます。爪や肌はケラチンを主成分として形成されており、年齢を重ねるごとに、水分が低下していきます。水分が低下すると、ラインが出てきます。

 

爪は乾燥すると、繊維方向に線が入る性質があります。したがって、加齢によって保水力が低下して乾燥した結果、繊維に沿って縦方向にラインが出てしまうのです。

 

爪の乾燥

ラインが出る要因としては、乾燥も挙げられます。爪の水分が少なくなると、ラインが見えやすくなります。水仕事をしている方や手を酷使する方は、保湿をするようにしましょう。

 

また、寒い冬の季節は空気が乾燥しているので、より乾燥しやすい時期です。とくにこの時期は、ケアを怠らないようにすることが重要です。

 

生活習慣の乱れ・ストレス

縦にラインが出るその他の要因として、生活習慣が考えられます。なぜなら爪は健康のバロメーターといわれるほど、体の健康状態が反映される部位であるからです。

 

たとえば、普段の食事で栄養バランスが偏っていたりダイエットで食事制限をしていたりすると、爪に十分な栄養が行きわたらず、異変が出てきます。とくに主成分であるケラチンを作るたんぱく質や、亜鉛が不足しているとラインが見えやすくなります。

 

また、睡眠不足や疲労など、身体的・精神的な不調が続くと爪にも影響が出ます。健やかな爪を保つためには、根本的な生活習慣を整えることがポイントです。

 

爪の縦線のケア方法

出てしまったラインを消すことは、残念ながら不可能です。改善するオススメの方法は、今あるラインが目立たないようにしながら、適切な処置で新しく生えてくる爪を健やかに育てることです。ここからは、出てしまったラインを対処する方法について、いくつかご紹介します。

 

爪を磨く

ラインを手っ取り早く消すやり方としては、爪磨きが挙げられます。粗い面で爪の表面を削り、シャイナー面でツヤを出すというシンプルな手順なので、初心者でも自宅で気軽に試せる処置として人気です。

 

しかし爪磨きのしすぎには、十分な注意が必要です。爪磨きは爪を削って凹凸をなくす行為であるため、繰り返すことで、爪がどんどん薄くなります。爪が薄くなると、二枚爪など、さまざまな悪影響につながります。また、これは根本的な対処法ではないため、新しく伸びてきた爪には、再びラインが出てしまいます。

 

したがって、爪磨きはあくまで一時的な対処法として捉えて、爪を削りすぎないよう気をつけましょう。

 

ジェルネイルをする

ラインを隠しつつ爪を補強するためには、ジェルネイルがオススメです。厚みを出せるので、ラインをしっかり目立たなくすることができます。また、繰り返しつけても、傷みにくいのがメリットです。

 

ラインが出た爪に塗る際には、できるだけ爪を傷つけず行うのが望ましいです。そのためには、爪を削らないパラジェルの施術を受けるのがオススメです。爪を健やかに育てながらネイルも楽しみたい方は、一度パラジェルを検討してみましょう。

 

爪の縦線を防止す方法

ここからは、ラインを防止するためにオススメの処置方法についてご紹介します。これから生えてくる爪を健やかに育てたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

爪を保湿する

乾燥を防ぐために、こまめな保湿がとても重要です。ネイルオイルを使用することが望ましいですが、準備するのが面倒な場合は、お手持ちのボディクリームやハンドクリームでも代用できます。クリームやネイルオイルを塗る際に、指先を軽くマッサージしながら塗り込むと、血流促進にもつながりますよ。

 

食生活を見直す

爪の健康を保つためには、バランスのとれた食生活を心がけることもオススメです。ひとつの栄養が摂れればよいというわけではなく、バランスよく摂取することが重要です。食事だけで十分な栄養分を摂るのが困難である場合は、サプリの利用も検討してみましょう。

 

睡眠をしっかりとる

規則正しい生活リズムと十分な睡眠をとることは、爪の健康にも直結します。質の高い睡眠を十分にとることを意識して、爪の成長を促しましょう。また、眠りの質を保つことは、リフレッシュにもつながります。

 

まとめ

今回は爪の縦線の要因や処置の方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。日常生活を見直してネイルケアを丁寧に行うことで、爪のラインを防止することは可能です。

 

しかし、ご自宅でのセルフケアだけでは、健やかな爪を保つのが難しいのも事実です。適切な方法でネイルケアをして爪を強くしたい方は、ネイルサロンでプロに任せてみてはいかがでしょうか。

 

「Nail & Beauty Kanoa」では、アットホームなプライベート空間の中で施術を行います。丁寧なカウンセリングを通してお客様に合ったネイルデザインをご提案しており、多くのお客様からご好評をいただいています。

 

また当店では、爪を傷つけない「パラジェル」を採用しています。爪を健やかに保ちながらネイルを楽しみたい方は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

RELATED

関連記事