爪に黄ばみができる原因は?対処法・予防法もあわせてご紹介

ネイルをオフしたら爪に黄ばみができていた…」「黄ばみを隠すために繰り返しネイルをしている」という方もいるのではないでしょうか。爪に黄ばみができるのには原因があり、適切な対処をすることで、黄ばみを除去することは可能です。

 

そこで今回は、爪に黄ばみができる原因や対処法、黄ばみができないようにする予防法についてご紹介します。爪の黄ばみにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

爪の黄ばみの原因とは

爪が黄ばむことには、いくつかの原因が考えられます。ここからは、爪に黄ばみができる原因について解説します。

 

色素沈着

黄ばみが起こる原因として、爪への色素沈着が挙げられます。色素沈着を引き起こすものとしては、以下のものが考えられます。

 

● マニキュア

● ジェルネイルのリムーバー

● 香辛料など

 

色素沈着で一般的なのは、マニキュアによるものです。ベースコートを使用せずにマニキュアを爪に直接塗ると、マニキュアの色が爪に移ってしまいます。とくに古いマニキュアは色素沈着を起こしやすいので、定期的に買い替えることをオススメします。

 

またジェルネイルを落とすときに使うリムーバーによっては、アセトンによってネイルの成分が溶解されて爪に染みつくことがあります。さらに、料理で使う香辛料などでも、色素沈着が起こるといわれています。

 

除光液の使用

マニキュアを落とす際に使う除光液が、原因となっている場合もあります。除光液の中には、アセトンという成分が配合されているものがあり、アセトンには爪を乾燥させる作用があります。乾いた爪は、黄ばみを引き起こしやすくなります。

 

タバコによるもの

日ごろから喫煙をされている方は、爪が黄ばみやすい傾向にあります。タバコのタールやニコチンが影響しており、肌や歯だけでなく、爪にも黄ばみを引き起こします。

 

紫外線

紫外線も、爪が黄ばむ原因のひとつです。紫外線には爪を乾燥させる作用があるため、長時間日光にさらされることで、爪は黄ばみやすくなります。とくにサンダルなどをはいて足を露出することが多くなる夏の時期などは、爪の日焼けにも注意が必要です。

 

爪の黄ばみができたときの対処法

実際に爪に黄ばみができてしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか。ここからは、爪に黄ばみができたときの対処法について解説します。

 

軽度であれば表面を削る

黄ばみの程度が軽く、表面のみが少し黄色くなっているぐらいであれば、バッファーなどを使用して、表面を整えるのもひとつの手です。このとき、強く削りすぎてしまうのは厳禁です。やさしく丁寧に表面をなめらかにし、仕上げに爪の保湿を忘れずに行いましょう。

 

重曹を使用する

重曹を使用することで、黄ばみが軽減されることがあります。具体的な方法としては、重曹と水を混ぜてペースト状になったものに指先を浸して、数分間放置します。一本だけの場合はその指のみ、複数の爪が黄ばんでいる場合は、すべての爪を浸しましょう。

 

数分経ったら、水で重曹をよく洗い落とすことで完了です。黄ばみが取れていれば成功です。

 

レモン汁を使用する

レモン汁を使用して黄ばみを除去する方法もあります。レモン汁に指を浸して数分間おいておき、洗い流すというシンプルなやり方です。レモン汁に含まれるクエン酸が、黄ばみを軽減する作用をもつとされています。

 

ただし、指先に炎症や傷などがあるとレモン汁が染みてしまうので、十分注意してください。

 

歯磨き粉を使用する

ホワイトニング作用のある歯磨き粉を歯ブラシに塗り、爪を磨くのもオススメです。歯磨き粉には研磨剤が配合されているので、黄ばみにアプローチします。

 

爪の黄ばみを予防する4つの方法

ここでは、爪の黄ばみを起こさないための対処法についてご紹介します。黄ばみのない美しい爪を手に入れたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ベースコートを塗る

マニキュアをセルフで塗る際には、色素沈着を予防するためにも、ベースコートを塗るのをオススメします。これにより仕上がりもよくなり、ネイルも長持ちします。

 

マニキュアをオフしすぎない

マニキュアを頻繁にオフすると、除光液を多量に使うことになります。除光液の使用は黄ばみの原因になるので、最小限に抑えることをオススメします。

 

除光液はアセトンフリーがオススメ

リムーバーに含まれているアセトンには、爪を乾燥させる作用があります。したがって除光液を選ぶ際には、できればアセトンフリーの商品をオススメします。

 

こまめに保湿する

爪を乾燥させないために、保湿はとても重要です。ネイルオイルやクリームなどを使用して、1日に数回こまめに保湿するようにしましょう。

 

まとめ

今回は爪に黄ばみができる原因や対処法・予防法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。日常生活を見直してネイルケアを丁寧に行うことで、黄ばみを防止することは可能です。

 

しかし、ご自宅でのセルフケアだけでは、健やかな爪を保つのが難しいのも事実です。適切な方法でネイルケアをして爪を強くしたい方は、ネイルサロンでプロに任せてみてはいかがでしょうか。

 

「Nail & Beauty Kanoa」では、アットホームなプライベート空間の中で施術を行います。丁寧なカウンセリングを通してお客様に合ったネイルデザインをご提案しており、多くのお客様からご好評をいただいています。

 

また当店では、爪を傷つけない「パラジェル」を採用しています。爪を健やかに保ちながらネイルを楽しみたい方は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

RELATED

関連記事